<Maitreya Foundation Nepal>日々の子供たち

 ★ネパール・パタンにある孤児院【Maitreya Foundation Nepal】の日記です。

2016年01月

11834899_1051327218224656_6736099293168543277_o

ネパールのパタンの街にある孤児院『メイテリヤ・ファンデーション・ネパール』は約90人の子供たちが生活しています。一番下は0歳児から16歳くらいまでの様々な状況で孤児となったこどもの生活の向上を目的にこの施設はあります。

5歳からだいたい12歳のこどもが一番多く、男女別の寮生活をしています。年上の子が年下の子の面倒をみる微笑ましい場面をよく目にして、こちらも笑顔になります。

上の写真は、昨年の夏に私たちの旅仲間(100人100旅)で集めた寄付金14万5千円がその時のレートで11万6450ルピーとなり、子供たちの新学期からの教科書を全員分購入することが出来ました。

11722088_1039902602700451_4554807660282398859_o

↑その時の領収書です★

11700799_1039902586033786_7800793318173933237_n

↑御礼のメ
セージが子供たちからきて嬉しかったですね!

このように、遠い日本からも出来るサポートがありますので、今後何が出来るのか考えていきたいと思います。

Maitreya Foundation Nepal 日本支部代表 内藤誠

friendshipfoundation_160P
ナマステ!!

「ナマステ」はネパール語で、朝昼晩と一日を通して使える基本挨拶です。
手を合わせて「ナマステ!」と声を掛ければ必ず返してくれるでしょう。

本日からネパールのパタンの街にある孤児院『メイテリヤ・ファンデーション・ネパール』に暮らす90人の子供の日常と成長をここ日本からアップしていきます。

現地ネパールからの報告を日本語と日々の写真を添えてお送りします★

このブログの主な目的は、

現地の暮らしや現状を知ってもらうため

そして

親のいない子供たちのために何かサポート出来るきっかけを作るため

さらに

ネパールの国を知って頂くために立ち上げました☆

この目的のために日々更新していきますのでよろしくお願いします。

Maitreya Foundation Nepal 日本支部代表 内藤誠

↑このページのトップヘ